So-net無料ブログ作成
検索選択

<菅首相>財政再建へ超党派機関 信頼回復へ努力…所信表明(毎日新聞)

 菅直人首相は11日午後、衆参両院本会議で、就任後初の所信表明演説を行った。首相は政治主導により「国民の統治による国政を実現する」と表明。緊急の課題とする財政健全化について「税制の抜本改革に着手することが不可避」とし、超党派で議論する「財政健全化検討会議」を設置する方針を示す。また、「現実主義」を基調とした外交推進を掲げ、その基軸に「日米同盟」を位置付けた。懸案の米軍普天間飛行場移設問題を巡り、23日に沖縄県を訪問して「沖縄全戦没者追悼式」に出席する意向を表明、「沖縄への配慮」を印象付けたい考えだ。

 ◇23日の沖縄全戦没者追悼式に出席

 所信表明演説に対する各党の代表質問は、14日に衆院、15日に参院の各本会議で行われる。

 菅首相は「私の最大の責務は歴史的な政権交代の原点に立ち返って、国民の信頼を回復することだ」とし、鳩山前政権で傷ついた政府・民主党への信頼回復に努めると表明。新内閣の政策課題として(1)戦後行政の大掃除の本格実施(2)経済・財政・社会保障の一体的立て直し(3)責任感に立脚した外交・安全保障政策の3点を挙げる。

 具体的には、事業仕分けによる無駄遣いの根絶や行政の透明化に取り組み、地域主権改革について「総論から各論の段階に進む時だ」と具体化に意欲を示す。郵政改革法案については「速やかな成立を期す」と表明する。

 経済の立て直しでは、「新成長戦略」を6月中に公表し、20年度まで年平均で名目3%、実質2%を上回る経済成長を目指す。一方、首相は「もはや国債発行に過度に依存する財政は持続困難だ」と財政健全化の必要性を強調。消費税については直接言及しないものの、「税制の抜本改革に着手することが不可避だ」と論議の必要性を示す。

 外交では、日米同盟を「アジア・太平洋の安定と繁栄を支える国際的な共有財産」と位置付け、「同盟の着実な深化」を訴える。一方、鳩山前政権を引き継ぎ、将来的に東アジア共同体構想を進める方針にも言及。北朝鮮問題では「拉致、核、ミサイルの包括的解決」を目指し、拉致被害者の帰国に「全力を尽くす」と強調する。【西田進一郎】

【関連ニュース
口蹄疫:菅首相、12日に宮崎を訪問
菅首相:13日にも出身地山口へ
菅首相:地域主権改革3法案の成立微妙
菅首相:韓国大統領と日韓米連携を確認 哨戒艦沈没事件で
参院選:菅首相、勝敗ライン50議席見直さず

「小沢包囲網」の様相、菅氏支持派が結束(読売新聞)
ソニー製ブラウン管TV発火の恐れ…337機種(読売新聞)
参院選資金も脱小沢…配分見直し、追加支給(読売新聞)
<共産党>参院選比例代表の追加公認を発表(毎日新聞)
会期延長問題「話し合いが何らかの形でつく」(産経新聞)

元日本代表FW・西澤さん「海外移籍が当たり前になるよう貢献したい」(産経新聞)

【新・関西笑談】サッカーに乾杯(5)元日本代表FW・西澤明訓さん

 ――セレッソ大阪が昨季、J1(1部)昇格を決めた試合(11月8日、草津戦)の直後に引退を表明されましたね

  [フォト] 引退を決めイレブンに胴上げされる西澤さん

 西澤 とりあえず最低限の仕事は終えたかなって。もし上がれなかったら、俺どうしたんだろうなって今でも思います。もう1年やるのは無理だよって。

 ――当時の体調は

 西澤 (足首のけがで)ボールを強く蹴れない状態。それでも、プロとしてやっている以上、チームが勝つために仕事をしなければいけない。自分の経験を伝えることもそうだし、チームを鼓舞したりと、できる限りのことはやったつもりです。

 ――完全燃焼

 西澤 昨季に関しては。若いチームの、若い子たちが最後、昇格がかかった舞台で、あんなすばらしいゲームをしてくれて。セレッソの未来に関してもほっとした。「お役ご免かな」という感じでしたね。

 ――そして代理人になる道を選ばれたわけですが

 西澤 自分の代理人でもあった今の会社(ジャパン・スポーツ・プロモーション)の上司にすごくお世話になりました。ただ契約するだけが代理人の仕事ではない。本当に親身になって動いていただき、支えてもらいました。それで、こういう角度からサッカーにかかわるのもおもしろいなと、自分からお願いして入社させていただきました。

 ――ほかの道は考えなかったのですか

 西澤 もともと人に教えるのは「柄じゃない」という思いもありましたし、テレビ雑誌に出るのも得意な方ではないので。

 ――代理人としての夢は

 西澤 10年、20年後に日本人が当たり前のように海外に移籍したり、海外のトップ選手がJリーグに来たり、そうなれるように貢献できたらと思います。海外に出ている日本人が50人にも100人にもなれば、「海外組も何もないじゃん」みたいな。そうしたら、ワールドカップ(W杯)でベスト4や優勝もできるようになるのでは。

 ――日本のW杯での優勝を見たいですよね

 西澤 そりゃそうですよ。できるのか分からないけど。でも、ちょっと前なら、出ることだって夢だったのに今や、岡田(武史・日本代表監督)さんはベスト4という目標を立てているわけだし。もちろん、海外に行く、行かないは、選手の最終的な判断だと思うけど、本人がどう感じるかは行って見なきゃ分からない。代理人としてそういう話になったら、全力でサポートしたい。僕も海外に行かせてもらいましたが、いくら口で伝えても、自分が経験してみなければわからない。

 ――サッカーをやって良かった

 西澤 本当に思いますね。こんなにたくさんの経験ができて、たくさんの所に行けて、たくさんの人たちに出会って。この先ももっともっとサッカーを通じて、いろんな人に出会い、経験をしていきたい。

 ――サッカーのない人生は考えられない

 西澤 サッカーと酒のない人生は。(酒も?)酒もないとだめでしょう。腹を割って話さなきゃ。=おわり(聞き手 月僧正弥)

【関連記事】
本田、ブレてる岡田監督いらない
岡田監督、“進退伺”で報道陣に逆ギレ
岡田監督、朝令暮改…戸惑うイレブン
闘莉王「日本は弱い」気合入れる
サッカー日本代表 スイス合宿で高地への順応は?
iPadが上陸

<詐欺罪>無賃乗車の男性 障害考慮し逆転無罪…東京高裁(毎日新聞)
貧血男性転落、遮断棒破損…3.2万人影響 JR阪和線(産経新聞)
<自立更生促進センター>反対署名4万人、見切り稼働 福島(毎日新聞)
「徳之島への訓練移転、島民は反対」=伊藤・鹿児島県知事が発言(時事通信)
バカラ賭博店に部屋提供 元外交官を逮捕(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。