So-net無料ブログ作成

<気象庁>市区町村単位の気象警報 細かすぎて速報見送り(毎日新聞)

 気象庁が27日に開始する大雨や洪水などの気象警報・注意報の市区町村単位での発表について、在京のテレビ、ラジオ局のほとんどはテロップなどによる速報をしないことが分かった。情報量が膨大になり「かえって視聴者の混乱を招く」ことが理由。気象庁は警報の細分化で自治体などによる防災対応の迅速化を期待するが、市民に直接伝える手段が課題となりそうだ。

 気象庁によると、警報・注意報は現在、各都道府県を「県南地域」「23区東部」など5〜6カ所程度に分けた「2次細分区域」ごとに発表している。テレビ、ラジオ各局は管内の地域に警報が出た場合、速報している。

 市区町村単位の発表は27日午後1時開始。発表区分けは、従来は全国で375地域だったが、1777地域と約5倍に増える。発表回数も1.5倍程度に増える見込み。台風などで広範囲に警報が出た場合は、情報量が膨大になる可能性があり、気象庁は2次細分区域単位の情報も引き続き配信する。

 在京の民放キー局は全5局が市区町村単位の速報はしない方針。日本テレビは「警報の範囲が広いと、視聴者は情報の洪水のような状態の中で知りたい市区町村を探さなければならなくなる」と説明。在京のAM、FMラジオ計6局も大半が従来通り、2次細分区域単位の速報を続ける。

 一方、NHKは「対象の市区町村の数や時間帯によっては2次細分区域の速報にとどめる場合もある」としている。

 牛山素行・静岡大准教授(災害情報学)は「市区町村単位の警報は、自治体など防災関係機関にとっては避難勧告の発令・解除の判断が早まるなどの点で有効だが、市民生活にどう役立てるかが問題だ」と指摘する。

 気象庁気象防災推進室は「ホームページなどで警報・注意報を確認できることを周知するほか、住民に気象防災情報を配信する自治体のメールサービスの普及も促したい」としている。【福永方人】

【関連ニュース】
<これからの天気は?>天気のページ
<雨は大丈夫?>降水確率の確認はこちらで
<各地の警報、注意報をチェック>
<写真で見る>日本の水害
<写真で見る>台風9号 各地で大きな被害(09年8月)

「大学生読書人大賞」に森見登美彦さん「夜は短し歩けよ乙女」(産経新聞)
六甲山に初夏の訪れ クリンソウが見ごろ(産経新聞)
福祉施設の85歳入所者に暴行、介護福祉士逮捕(読売新聞)
哨戒艦事件で閣僚と協議=鳩山首相(時事通信)
口蹄疫問題「責任問題より迅速措置が大事」 鳩山首相(産経新聞)

警官を車で引きずり逃走 殺人未遂などで捜査 警視庁(産経新聞)

 東京都新宿区の路上で14日未明、警視庁自動車警ら隊の男性巡査部長(34)が整備不良の車を停止させて中を調べていたところ、男が車を急発進させ、巡査部長を振り落とし逃走した。巡査部長は頭に軽傷。警視庁新宿署は殺人未遂と公務執行妨害の疑いで男の行方を追っている。

 同署によると、14日午前3時ごろ、巡査部長が同僚の隊員(34)と車内を調べていたところ、タバコのケースに入った大麻のようなものを発見。事情を聴いたところ、男は猛スピードで車を後退させ、巡査部長を約10メートル引きずって振り落とし、逃走した。

 同署の調べでは、車は白いワゴン車で、ナンバー灯が消えた整備不良の状態で走行していた。巡査部長らに提示した免許証によると男は20代だった。同署は車の所有者にも事情を聴くなどして捜査する方針。

【関連記事】
アヘンの原料…「不正ケシ」の自生が激増 都内300カ所で確認
“内縁の妻”矢野きよ実「一緒に更生します」判決に涙
覚醒剤所持の京大生に有罪判決 大阪地裁
YOU THE ROCK★に実刑判決 大麻所持事件
元教頭に大麻譲り渡し容疑 奈良県警、無職の女逮捕

高さ14m「足すくむ」新入社員、電柱登り訓練(読売新聞)
防衛相、県内移設方針を伝達=沖縄知事「しっかり説明を」−普天間(時事通信)
1歳長女に熱湯、1か月入院…23歳母親逮捕(読売新聞)
国内各セグメントが伸長し売上高4.4%増―テルモ(医療介護CBニュース)
「生物多様性かんさい」発足 自然保護9市民団体が連携(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。